美術館・博物館催し情報

2019年3月1日現在の情報です。

ボランティア
■愛知県美術館 ■おかざき世界こども美術博物館
■名古屋ボストン美術館 ■杉本美術館
■名古屋市博物館 ■豊田市美術館
■名古屋市美術館 ■岐阜県美術館
■徳川美術館 ■メナード美術館
■愛知県陶磁資料館 ■一宮市三岸節子記念美術館
■松坂屋美術館 ■三重県立美術館
■古川美術館
■刈谷美術館
■名都美術館 ■高浜市やきものの里 かわら美術館
■岡崎市美術博物館 ■ヤマザキ・マザック美術館  



愛知県美術館

催し

改修工事のため休館

内容

■休館期間

10階美術館:2017年11月20日(月)−2019年3月31日(日)
会期


開館時間10:00〜18:00
金曜日は20:00まで

休み 月曜
料金(円)


中学生以下無料

障碍者割引

身体等に障がいのある方、および付き添いの方には割引制度があります。

問合せ TEL: 052-971-5511
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/index.html

ページのトップへ

 

名古屋市博物館

催し

特別展 挑む浮世絵 国芳から芳年へ

内容 武者絵や戯画に新機軸を打ち出し、幕末浮世絵界のさらなる活性化につなげた歌川国芳(くによし)。国芳の弟子で幕末から明治に和洋を融合した画風で人気となった月岡芳年(よしとし)。本展では国芳とともに、芳年、芳幾(よしいく)ら国芳の弟子たちにもスポットを当て、幕末から明治にかけて社会情勢が激変するなか、国芳の個性がどのように継承、変化していったのかをたどっていきます。
会期

2月23日〜4月7日

休み 月曜・第4火曜日(休日を除く)
料金(円) 1300
障碍者割引 身体等に障害がある方は手帳の提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額になります。
問合せ TEL: 052-853-2655
http://www.museum.city.nagoya.jp/index.html

ページのトップへ


名古屋市美術館

催し 開館30周年記念 辰野登恵子展
内容

辰野登恵子は1950年に長野県岡谷市に生まれ、東京藝術大学に学んだ後、1970年代にドット(点)やグリッド(格子)、ストライプなどの規則的なパターンを用いた版画を発表し、若くして注目を集めました。ほどなくして表現手法を油彩に移すと、それまでの理知的で抑制された表現とは対照的に、豊かな色彩で有機的な形象のある絵画空間を追い求め、2014年に亡くなるまで、自らの作品世界を深化させ続けました。

本展では版画やドローイングなど紙の上の表現に光を当て、高く評価された大型の油彩にとどまらず、辰野の画業を再検証します。
会期

2月16日〜3月31日
開館時間9:30〜17:00
(金曜日は祝日である場合を除き〜20:00)

休み 月曜
料金(円)

1200
中学生以下無料

障碍者割引 身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ窓口等でお問い合わせください。
問合せ TEL: 052-212-0001
http://www.artmuseum.city.nagoya.jp/index.shtml


ページのトップへ

豊橋市美術館

催し

国立国際美術館 コレクション展

内容

大阪にある国立国際美術館のコレクションのなかから、セザンヌ、ピカソを起点として、ウォーホル、草間彌生、奈良美智など同時代作家まで、戦後から現代に至る多彩な作家による作品を、3つのテーマに基づき紹介します。現代美術初心者にとって入門編となる展覧会です。

会期 2月16日〜3月24日
開館時間9:00〜17:00
休み 月曜
料金(円) 1000
障碍者割引  
問合せ TEL 0532-51-2882


ページのトップへ

 

徳川美術館

催し

尾張徳川家の雛まつり

内容

雛祭りは春のおとずれを告げる華やかな行事です。尾張徳川家の姫君のためにあつらえられたひな人形や雛道具が伝来しており、いずれも御三家筆頭の名にふさわしい質の高さを誇っています。大名家ならではの豪華で気品ある雛の世界を紹介します。

会期 2月9日〜4月7日
開館時間10:00〜17:00
休み 月曜
料金(円)

1400
毎週土曜日は小・中・高生入館無料

障碍者割引

次の方は団体料金が適用になります。
障害者手帳を呈示した場合の本人と付き添い1名

問合せ TEL: 052-935-6262
http://www.tokugawa-art-useum.jp/index.html

ページのトップへ

愛知県陶磁美術館

催し

企画展

愛知県陶磁美術館の受贈外国陶磁コレクション選
共演!世界のやきもの
内容

この展覧会では、中国陶磁を中心に、韓国・東南アジア・南アジア・西アジア・ヨーロッパ・中南米の作品約120件を一堂に展示します。空間的にも年代的にも幅広く、原始古代から近代までの多種多様な作品をとりあげ、かたちやデザインなど小テーマごとにまとめ、世界のやきものの共通点やそれぞれの個性などにスポットをあてて紹介します。

会期

1月12日〜3月24日
開館時間9:30〜16:30

休み 月曜
料金(円) 600
中学生以下無料
障碍者割引 身体等に障がいのある方および付き添いの方には割引制度があります。
問合せ TEL: 0561-84-7474
http://www.pref.aichi.jp/touji/

ページのトップへ


松坂屋美術館

催し 誕生30周年ウォーリーを探せ!展
内容

誕生30種年を記念して、ウォーリーの貴重な原画が初来日。

細密な絵本原画のほか、150点を展示します。きみはウォーリーをさがしだせるか。
会期

3月9日〜4月7日
開館時間10:00〜19:30

休み 会期中無休
料金(円)

1000
中学生以下 無料

障碍者割引 身体等に障がいのある方および付き添いの方1名は無料
問合せ TEL: 052-264-3611
http://www.matsuzakaya.co.jp/museum/museum.html


ページのトップへ


古川美術館

催し

特別展Collector’s exhibition「日本の巨匠」

内容

Collector’s exhibitionとしてアートコレクターが収集した秘蔵の一級品を紹介する展覧会を初めて開催します。美術の愛好家たちが選び、プライベート空間で愛でてきた珠玉の美術品を、【次世代に残したい30人】に厳選し紹介します。

平成から改元する今だからこそ、後世に残したい30人の巨匠をとりあげ、激動する美術界を支えた日本画・洋画英雄たちの個の輝きを紹介します。
会期 3月16日〜5月6日
開館時間10:00〜17:00
休み 月曜
料金(円) 1000(古川美術館、分館爲三郎記念館2館入館券)
障碍者割引 身障者及び同伴者2名様まで半額です。
問合せ TEL: 052-763-1991
http://www.furukawa-museum.or.jp/index.html


ページのトップへ


名都美術館

催し

色のいろいろ −日本画材の魅力にせまる

内容

日本画ならではの色彩の美しさに注目。「小山 硬 −潜伏キリシタンを描く−」は、小山 硬が生涯の制作画題として描き続けるキリシタンシリーズを、世界文化遺産登録を記念して展覧します。

会期

1月18日〜3月17日

開館時間10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 600
障碍者割引 障がい者手帳お持ちの方は無料、付添の方1名様半額です。
問合せ TEL: 0561-62-8884
http://www.meito.hayatele.co.jp/


ページのトップへ

 

岡崎市美術博物館

催し

収蔵品展 暮らしのうつりかわり

内容

公立小学校3年生の社会科「古い道具と昔のくらし」への学習支援を兼ねた展覧会です。子ども達の見学に配慮した内容と工夫を凝らしながら、当館所蔵の古い生活・生産道具などを中心に紹介し、今と昔の暮らしの違いや変化をたどります。道具に込められた先人達の心を感じ、知恵や工夫を再認識する場を提供します。

会期 〜3月24日
開館時間 10:00〜17:00 (6月〜9月は 18:00閉館)
休み 月曜
料金(円)

300

障碍者割引 各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
問合せ TEL: 0564-28-5000
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
ページのトップへ

おかざき世界こども美術博物館

催し

通常の活動

内容

◎ふれあい広場:
「きのこ」がいっぱいの施設があり、「きのこ」や「木」などに入れるようになっています。
◎芸術の森(展望の丘、庭園:
  ふれあい広場の先には森が広がっていて、芸術の森という庭園があります。
◎子ども美術博物館:
 美術博物館(有料)は各種の展示をしていて、常設展としては世界の芸術家が子どものころに書いた絵などを集めたものなどを展示しています。
◎親子造形センター:

 

こちらは、親子で絵を描いたり、ものを作ったりして子どもの創造力を高めるという施設になっています。「絵画教室」「粘土教室」「工作教室」「EBアート教室」があって、100円から1000円で好きなものを作ることができます。

会期 通年
開館時間 9:00 〜 17:00
休み 月曜
料金(円) 300
障碍者割引 各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
問合せ TEL: 0564-28-5000
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
ページのトップへ

杉本美術館

催し

没後15年 杉本健吉

内容

平成16年2月に満98歳で杉本健吉が亡くなってから、まもなく15年となります。亡くなるまで杉本健吉は絵筆を離しませんでした。
今回の展示では、最晩年の自画像を中心に、初公開の作品を含め、風景の中に自分の姿を入れた作品もあわせてご紹介します。

杉本健吉の画家としての人生は、最晩年に至るまで、この「日々新面目あるべし」の実践でもあったように思われます。
会期 〜2019年4月16日
開館時間9:30〜16:30
休み 水曜
料金(円) 900
障碍者割引  
問合せ TEL: 0569-88-5171
http://www.sugimoto-museum.jp/


ページのトップへ


豊田市美術館

催し

改修工事のため2019.05.31まで、休館します。

内容  
会期

休み  
料金(円)
中学生以下無料
障碍者割引 身体障がい者手帳をお持ちの方とその同伴者1名 常設展が無料
問合せ TEL: 0565-34-6610
http://www.museum.toyota.aichi.jp/home.php

 

ページのトップへ

岐阜県美術館

催し


内容

岐阜県美術館は2018年11月4日から1年間、建物の改修工事のため約一年間休館します。

会期


休み  
料金(円)

500
高校生以下 無料

障碍者割引 身体障がい者手帳の交付を受けている方および その付き添いの方(1名まで)観覧料金免除
問合せ TEL: 058-271-1313
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/jtop.html


ページのトップへ


メナード美術館

催し

空の情景

内容

空を表す言葉、SNSに投稿される空の写真…。
この数に、いかに私たちが空に魅了されてきたかがわかります。
いつも当たり前のようにある空ですが、それはまた、二度とは同じ姿を見せてくれないものでもあります。そんな空だからこそ、画家たちは、くりかえし描いたのではないでしょうか。感じた空気をそのままにカンヴァスにとどめようとした画家もいれば、理想の空を表現しようとした画家もいます。
空は雄弁に時や場所を語り、ときに幻想世界に私たちを誘うのです。

本展は、そんな画家たちの描いた空に注目し、大きく4つのテーマからご覧いただく展覧会です。
会期

〜3月31日
開館時間10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 900
障碍者割引 障害者手帳をお持ちの方と同行者1名は無料
問合せ TEL: 0568-75-5787
http://museum.menard.co.jp/


ページのトップへ

一宮市三岸節子  記念美術館

催し

コレクション展 春を祝う

内容

《さいたさいたさくらがさいた》は、節子が93歳のときに、最後の力をふりしぼるようにして描いた作品です。70年以上にわたる画業の集大成ともいえる大作を、春を迎えるこの時期にどうぞご覧ください。

会期

〜4月7日
開館時間9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円)

800

一宮市内の小中学生および市内在住の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方 無料
障碍者割引 身体障害者手帳等を持参の方(付添人1人を含む)は無料
  一宮市内の小中学生および市内在住の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方 無料
問合せ TEL: 0586-63-2892
http://s-migishi.com/


ページのトップへ

 

三重県立美術館

催し

Para-Landscape(パラ ランドスケープ)
″風景″をめぐる想像力の現在

内容

近年、アーティストたちは再び「風景」に着目し、かつてとは異なる方法で目に映る世界との関係を結んでいます。何気なく「風景」と名付け得る表現のなかにも、神話や夢、見立てなど、さまざまな想像力のはたらきが見出せるでしょう。本展では、現代美術のこの新たな動向を、三重、東海地域の作家を中心に、絵画、立体、映像、インスタレーションなどで紹介します。

会期

〜3月24日
開館時間 9:30〜17:00

休み 月曜
料金(円) 800
高校生以下 無料
障碍者割引 身体障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料
問合せ TEL: 059-227-2100
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/index.shtm

 

ページのトップへ

刈谷市美術館

催し

常設展第4期 絵画を愉しむ 描かれた人びと

内容

もっとも身近で、美術の重要なテーマになってきた人間。自画像、愛する家族、美しいモデル、旅先や異国で出会う人、夢の中の住人、恐ろしい怪人など、近・現代の画家が描いた人間像にスポットをあて、その表現の多様性や魅力を当館コレクションでご紹介します。

会期

〜4月7日
開館時間 9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 無料
中学生以下 無料
障碍者割引 身体障害者・療育の各手帳所持者および付き添いの方(1名)は入場無料
問合せ TEL:0566-23-1636
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/

 

ページのトップへ

 

高浜市やきものの里 かわら美術館

催し

森克徳展 〜しなやかな陶志〜

内容

高浜出身の陶芸家・森克徳(もりかつのり)の特別展です。

 釉薬を最も美しく表現する造形、いぶし銀を柔軟に感じさせる構成、三河土の温もりを活かす彩色の作品は、硬質なやきものでありながら、軽やかでしなやかな印象を与えています。
会期

〜3月24日

開館時間 9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 500
中学生以下 無料
障碍者割引 身体障害者手帳、をお持ちの方及びその介護者1名 通常観覧料の50パーセント(半額)
問合せ TEL:0566−52−3366
http://www.takahama-kawara-museum.com/


ページのトップへ

 

ヤマザキ・マザック 美術館

催し

春の所蔵品展

内容

ヤマザキマザック美術館の絵画のコレクションは、ロココ時代を代表するヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンらに始まり、アングル、ドラクロワ、モディリアーニ、ボナール、ピカソ等、各時代を代表する作家の作品で構成されています。
 本展では、これらの作品を一堂に展示。18世紀から20世紀にいたるフランス美術300年の流れを、一望していただける構成となっています。
また、同時代の家具も充実。一部屋全体を統一してデザインしたアレクサンドル・デュマによるダイニングルームなど、当時の雰囲気そのままに展示された家具をご覧いただけます。

19世紀末のフランスの邸宅に迷いこんだような気持ちで、展覧会をお楽しみください。
会期

〜4月14日
開館時間  10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 1300
障碍者割引 各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者は800円
問合せ TEL:052-937-3737
http://www.mazak-art.com/


ページのトップへ