美術館・博物館催し情報

2018年9月1日現在の情報です。

ボランティア
■愛知県美術館 ■おかざき世界こども美術博物館
■名古屋ボストン美術館 ■杉本美術館
■名古屋市博物館 ■豊田市美術館
■名古屋市美術館 ■岐阜県美術館
■徳川美術館 ■メナード美術館
■愛知県陶磁資料館 ■一宮市三岸節子記念美術館
■松坂屋美術館 ■三重県立美術館
■古川美術館
■刈谷美術館
■名都美術館 ■高浜市やきものの里 かわら美術館
■岡崎市美術博物館 ■ヤマザキ・マザック美術館  



愛知県美術館

催し

改修工事のため休館

内容

■休館期間

10階美術館:2017年11月20日(月)−2019年3月31日(日)
会期


開館時間10:00〜18:00
金曜日は20:00まで

休み 月曜
料金(円)


中学生以下無料

障碍者割引

身体等に障がいのある方、および付き添いの方には割引制度があります。

問合せ TEL: 052-971-5511
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/index.html

ページのトップへ

 

名古屋ボストン美術館

催し

名古屋ボストン美術館の最後の展覧会 
ハピネス〜明日の幸せを求めて

内容

 

会期

7月24日〜10月8日
開館時間10:00〜19:00
土・日・祝休日10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 1300 
中学生以下無料
障碍者割引 身体障害の方は、シルバー・学生料金が適用されます。
なお、介護者1名様は無料
問合せ TEL: 052-684-0101
http://www.nagoya-boston.or.jp

 

ページのトップへ

 

名古屋市博物館

催し

特別展 海たび 尾張・知多の海とひとびと

内容

代氏族「尾張氏」の海民伝承、宮の渡し、津島天王祭にみられる海とのかかわり、現在も盛んな漁業など、尾張・知多地方の歴史文化には古代以来一貫して、海に育まれた地域色があります。本展では考古学と民俗学の両面から、「行ってみたくなる海の歴史散歩」をコンセプトに、尾張・知多の海の歴史文化の特色とルーツをクローズアップします。

会期

7月14日〜9月17日

休み 月曜・第4火曜日(休日を除く)
料金(円) 800
障碍者割引 身体等に障害がある方は手帳の提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額になります。
問合せ TEL: 052-853-2655
http://www.museum.city.nagoya.jp/index.html

ページのトップへ


名古屋市美術館

催し

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

内容

世界最高峰の印象派コレクション、最後の来日!
スイス、チューリヒのビュールレ・コレクションは世界でも有数のプライベート・コレクションとして知られています。特に印象派とポスト印象派の充実ぶりは素晴らしく、モネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホなど著名な作家の代表作がずらりと揃っています。今回は印象派を中心、コレクションから精選された64点の傑作の数々をご覧いただきますが、約半数が日本初公開です。

中でも4 メートルを超えるモネの《睡蓮》の大作は、今回初めてスイス以外で展示されます。この至上のコレクションは2020年にチューリヒ美術館の新館に移管されるため、日本でまとめてご覧いただけるのは今回が最後の機会になります。どうぞお見逃しなく。
会期

7月28日〜9月24日
開館時間9:30〜17:00
(金曜日は祝日である場合を除き〜20:00)

休み 月曜
料金(円)

1500
中学生以下無料

障碍者割引 身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ窓口等でお問い合わせください。
問合せ TEL: 052-212-0001
http://www.artmuseum.city.nagoya.jp/index.shtml


ページのトップへ

 

徳川美術館

催し

秋季特別展 もじえもじ 文字が絵になる絵が文字になる

内容

日本では、文字と絵は互いに密接に関わり合い、時にその境が曖昧になるほどの親しい関係にありました。文字が絵になる「文字絵」、絵が文字になる「絵文字」など、絵と文字の幸せな結晶を見出すことができます。日本が世界に誇る知的で楽しい美の世界を紹介します。

会期 9月9日〜10月28日
開館時間10:00〜17:00
休み 月曜
料金(円)

1400
毎週土曜日は小・中・高生入館無料

障碍者割引

次の方は団体料金が適用になります。
障害者手帳を呈示した場合の本人と付き添い1名

問合せ TEL: 052-935-6262
http://www.tokugawa-art-useum.jp/index.html

ページのトップへ

愛知県陶磁美術館

催し

THE YUNOMI 湯のみ茶碗 
ちょっと昔の、やきもの日本縦断旅

内容

「湯のみ茶碗」は私たちに親しみあるやきものであり、一人一人が専用で用いるという、日本独特の器文化の象徴でもあります。今回紹介する「坂口湯のみコレクション」は明治時代末頃から昭和20(1945)年頃にかけて、日本各地から収集されました。当時の代表的な名工・作家のものも数多く含まれ、多彩な技法や技術も見どころとなっています。お気に入りの一点を見つけ、ほっと一息ついていただきたい展覧会です。

会期

〜10月21日
開館時間9:30〜16:30

休み 月曜
料金(円) 600
中学生以下無料
障碍者割引 身体等に障がいのある方および付き添いの方には割引制度があります。
問合せ TEL: 0561-84-7474
http://www.pref.aichi.jp/touji/

ページのトップへ


松坂屋美術館

催し アートアクアリウム展 ?名古屋・金魚の雅?
内容

4年ぶりに開催される「アートアクアリウム」展の名古屋での開催テーマは「名古屋・金魚の雅」です。本展では江戸時代に花開き日本の生活に根ざした文化として、日本人に親しまれてきた「金魚」にスポットを当て、水槽と光・映像・音楽など最新の演出技術が融合した展覧会です。

会期

〜9月16日
開館時間10:00〜19:30

休み 会期中無休
料金(円)

1000
中学生以下 無料

障碍者割引 身体等に障がいのある方および付き添いの方1名は無料
問合せ TEL: 052-264-3611
http://www.matsuzakaya.co.jp/museum/museum.html


ページのトップへ


古川美術館

催し

ジュディ・オング倩玉 木版画の世界 
〜作家ジュディ・オング倩玉の魅力〜

内容

古川美術館ではこれまでに3回にわたり、ジュディ・オング倩玉の木版画作品をご紹介してきました。4度目の開催となる今回は、日本家屋を題材とした初期作品から日展特選受賞作はじめ、最新作までを通して見える画業の充実、そして彼女が「人生において、いつもともにあった」と語る花の作品をご紹介します。

本展では、木版画家ジュディ・オング倩玉だけでなく、素顔のジュディ・オングの魅力にも迫ります。
会期 8月4日〜10月8日
開館時間10:00〜17:00
休み 月曜
料金(円) 1000
障碍者割引 身障者及び同伴者2名様まで半額です。
問合せ TEL: 052-763-1991
http://www.furukawa-museum.or.jp/index.html


ページのトップへ


名都美術館

催し

汀に遊ぶー描かれる水の表現―

内容

絶えず流れ続け、とらえどころのない水を描くことは、画家にとっても魅力的な主題の一つでしょう。画家たちは色も形ももたずそれでいて季節や時間によって異なる表情を織りなす“水”をどのように表しているのでしょうか。

いろいろな水の表現を名都美術館の所蔵品から紹介します。
会期

8月21日〜9月24日

開館時間10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 600
障碍者割引 障がい者手帳お持ちの方は無料、付添の方1名様半額です。
問合せ TEL: 0561-62-8884
http://www.meito.hayatele.co.jp/


ページのトップへ

 

岡崎市美術博物館

催し

ジョルジュ・ブラック−宝飾デザインの輝き

内容

ジョルジュ・ブラック(1882-1963)は、パブロ・ピカソらとともに20世紀初頭に興った芸術運動「キュビスム」の成立と展開に関わりました。ブラックが晩年に重視した考え方は、「メタモルフォーシス(変容)」でした。

ブラックが晩年に取り組んだ「メタモルフォーシス」のうち、彼がデザインを手がけた工芸品を中心にご紹介します。
会期 〜9月17日
開館時間 10:00〜17:00 (6月〜9月は 18:00閉館)
休み 月曜
料金(円)

入館料 800円

障碍者割引 各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
問合せ TEL: 0564-28-5000
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
ページのトップへ

おかざき世界こども美術博物館

催し

通常の活動

内容

◎ふれあい広場:
「きのこ」がいっぱいの施設があり、「きのこ」や「木」などに入れるようになっています。
◎芸術の森(展望の丘、庭園:
  ふれあい広場の先には森が広がっていて、芸術の森という庭園があります。
◎子ども美術博物館:
 美術博物館(有料)は各種の展示をしていて、常設展としては世界の芸術家が子どものころに書いた絵などを集めたものなどを展示しています。
◎親子造形センター:

 

こちらは、親子で絵を描いたり、ものを作ったりして子どもの創造力を高めるという施設になっています。「絵画教室」「粘土教室」「工作教室」「EBアート教室」があって、100円から1000円で好きなものを作ることができます。

会期 通年
開館時間 9:00 〜 17:00
休み 月曜
料金(円) 300
障碍者割引 各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
問合せ TEL: 0564-28-5000
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
ページのトップへ

杉本美術館

催し

内容

一人ひとりの好みや価値観の違いはあっても、花を愛でて美しいと思う心は皆同じかと思います。花の絵は、それぞれの画風や好みなどが端的に現れるジャンルではないでしょうか。
杉本健吉も生涯にわたって、花を描いてきました。画家として円熟した時代には、画業を代表するジャンル「牡丹」を数多く描きました。
杉本健吉は画家であるとともに、図案家でした。花を図案化した作品も沢山あります。緞帳の図案、出版物の表紙絵、文学作品の挿絵、仏教を象徴する花として蓮を描いたものなど、様々なバリエーションがあります。

今回の展示は、生涯にわたって花を描いた作品の一部をご紹介します。くつろぎながら、杉本健吉の世界をお楽しみください
会期 〜9月18日
開館時間9:30〜16:30
休み 水曜
料金(円) 900
障碍者割引  
問合せ TEL: 0569-88-5171
http://www.sugimoto-museum.jp/


ページのトップへ


豊田市美術館

催し

改修工事のため2019.05.31まで、休館します。

内容  
会期

休み  
料金(円)
中学生以下無料
障碍者割引 身体障がい者手帳をお持ちの方とその同伴者1名 常設展が無料
問合せ TEL: 0565-34-6610
http://www.museum.toyota.aichi.jp/home.php

 

ページのトップへ

岐阜県美術館

催し

みるこころ みるかえりみる

内容

今企画では作家による作品展示にとどまらず、ワークショップなどを通じて見る・伝える・考えるといった多面的な体験を生み出す場を来場者とともに作り上げていきます。


岐阜県美術館は2018年11月4日から1年間、建物の改修工事のため約一年間休館します。

会期

9月8日〜11月3日
開館時間10:00〜18:00

休み 月曜
料金(円)

500
高校生以下 無料

障碍者割引 身体障がい者手帳の交付を受けている方および その付き添いの方(1名まで)観覧料金免除
問合せ TEL: 058-271-1313
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/jtop.html


ページのトップへ


メナード美術館

催し

え!からはじまる、ストーリー 
美術から物語へ、物語から美術へ
ふたつが出会った時、いったい何が生まれるのか…

内容

切っても切れない縁にある美術と物語。素晴らしい物語は、読めばその情景が鮮明に脳裏に浮かび、素晴らしい絵画は、画中で展開される物語を想像させます。
 画家たちもまた聖書やギリシア神話、オペラなどに触れ、浮かんだイメージを多くの絵画に残しており、文筆家たちはイメージを装幀そうていや挿画そうがはもちろん、情景描写など文学的表現そのものに活かそうとしました。

 互いの表現を求め合う美術と文学。本展は、このふたつの出会いによって生まれた新たな物語を当館のコレクションの「え(絵)」に探すものです。それは「え!」という驚きをともなうものかもしれません。
会期

7月3日〜9月24日
開館時間10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 900
障碍者割引 障害者手帳をお持ちの方と同行者1名は無料
問合せ TEL: 0568-75-5787
http://museum.menard.co.jp/


ページのトップへ

一宮市三岸節子  記念美術館

催し

いろ・イロ・色!

内容

淡く華麗な色彩から出発し、歳を重ねるごとに重厚な色調を成熟させた三岸節子。生涯を通じて色彩画家(カラリスト)であった節子の画業を、時期やモチーフごとに紹介し、色彩の変遷と飽くなき追求をご覧いただきます。

会期

〜 9月30日
開館時間9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円)

入館料円 320円

一宮市内の小中学生および市内在住の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方 無料
障碍者割引 身体障害者手帳等を持参の方(付添人1人を含む)は無料
  一宮市内の小中学生および市内在住の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方 無料
問合せ TEL: 0586-63-2892
http://s-migishi.com/


ページのトップへ

 

三重県立美術館

催し

日本画*大研究

内容

日本画はどう見ればもっと楽しめるでしょうか。日本画と一口にいっても、掛軸、屏風、襖絵などいろいろな形があります。また、着色画、水墨画など材料もさまざまです。本展では、やさしい解説、図解、や制作の裏側がわかる下絵などを多用しながら、日本画の秘密を探ります。日本画の見方、楽しみ方を紹介します。

会期

9月11日〜10月14日
開館時間 9:30〜17:00

休み 月曜
料金(円) 600
高校生以下 無料
障碍者割引 身体障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料
問合せ TEL: 059-227-2100
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/index.shtm

 

ページのトップへ

刈谷市美術館

催し

金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

内容

金魚の持つ神秘性に魅了され、透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという斬新な手法で創作を続ける現代美術家、深堀隆介(1973年名古屋生まれ、横浜在住)。器に何層にも樹脂を流し込み、その各表面に絵を描き重ねることで現れる金魚は、本物と見紛うばかりのリアリティと立体感で見る者に迫ります。新作を含む初期からの代表作をはじめ、インスタレーション、ライブペインティングなど、約200点で紹介する初の本格的な個展です。

会期

9月15日〜11月4日
開館時間 9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 900
中学生以下 無料
障碍者割引 身体障害者・療育の各手帳所持者および付き添いの方(1名)は入場無料
問合せ TEL:0566-23-1636
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/

 

ページのトップへ

 

高浜市やきものの里 かわら美術館

催し

屋根を飾る ―鬼とは何か―

内容

屋根を飾る瓦になぜ「鬼面」が多く、「鬼瓦」と呼ばれるようになったのか。また、鬼瓦を専門に作る「鬼師(おにし)」とはどういった存在か。そもそも、日本人にとっての鬼とは何なのか、を見て感じて考えていただく企画展です。

会期

9月13日〜11月11日

開館時間 9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 200
中学生以下 無料
障碍者割引 身体障害者手帳、をお持ちの方及びその介護者1名 通常観覧料の50パーセント(半額)
問合せ TEL:0566−52−3366
http://www.takahama-kawara-museum.com/


ページのトップへ

 

ヤマザキ・マザック 美術館

催し

秋の所蔵品展

内容

19世紀末にフランスを中心に花開いたアール・ヌーヴォーの美術工芸作品も、当館の特色です。
アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家、エミール・ガ レ、ドーム兄弟らのガラス工芸作品をご堪能頂けます。特にガレ晩年の作品はきわめて質の高いもので、日本の美術館のコレクションの中でも重要な位置を占めています。
その他にも、展示室では、アール・ヌーヴォーの家具をご覧いただけます。

 棚や椅子から、テーブル、暖炉、壁面フレームにいたるまで、一部屋全体が統一してデザインされたアレクサンドル・デュ マによるダイニングルームをはじめ、ルイ・マジョレルやエミール・ガレがデザインした家具の数々が、当時の雰囲気そのままに展示されています。
会期

〜11月11日
開館時間  10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 1000
障碍者割引 各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者は800円
問合せ TEL:052-937-3737
http://www.mazak-art.com/


ページのトップへ