美術館・博物館催し情報

2018年7月1日現在の情報です。

ボランティア
■愛知県美術館 ■おかざき世界こども美術博物館
■名古屋ボストン美術館 ■杉本美術館
■名古屋市博物館 ■豊田市美術館
■名古屋市美術館 ■岐阜県美術館
■徳川美術館 ■メナード美術館
■愛知県陶磁資料館 ■一宮市三岸節子記念美術館
■松坂屋美術館 ■三重県立美術館
■古川美術館
■刈谷美術館
■名都美術館 ■高浜市やきものの里 かわら美術館
■岡崎市美術博物館 ■ヤマザキ・マザック美術館  



愛知県美術館

催し

改修工事のため休館

内容

■休館期間

10階美術館:2017年11月20日(月)−2019年3月31日(日)
会期


開館時間10:00〜18:00
金曜日は20:00まで

休み 月曜
料金(円)


中学生以下無料

障碍者割引

身体等に障がいのある方、および付き添いの方には割引制度があります。

問合せ TEL: 052-971-5511
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/index.html

ページのトップへ

 

名古屋ボストン美術館

催し

名古屋ボストン美術館の最後の展覧会 
ハピネス〜明日の幸せを求めて

内容

 

会期

7月24日〜10月8日
開館時間10:00〜19:00
土・日・祝休日10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 1300 
中学生以下無料
障碍者割引 身体障害の方は、シルバー・学生料金が適用されます。
なお、介護者1名様は無料
問合せ TEL: 052-684-0101
http://www.nagoya-boston.or.jp

 

ページのトップへ

 

名古屋市博物館

催し

特別展 海たび 尾張・知多の海とひとびと

内容

代氏族「尾張氏」の海民伝承、宮の渡し、津島天王祭にみられる海とのかかわり、現在も盛んな漁業など、尾張・知多地方の歴史文化には古代以来一貫して、海に育まれた地域色があります。本展では考古学と民俗学の両面から、「行ってみたくなる海の歴史散歩」をコンセプトに、尾張・知多の海の歴史文化の特色とルーツをクローズアップします。

会期

7月14日〜9月17日

休み 月曜・第4火曜日(休日を除く)
料金(円) 800
障碍者割引 身体等に障害がある方は手帳の提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額になります。
問合せ TEL: 052-853-2655
http://www.museum.city.nagoya.jp/index.html

ページのトップへ


名古屋市美術館

催し

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

内容

世界最高峰の印象派コレクション、最後の来日!
スイス、チューリヒのビュールレ・コレクションは世界でも有数のプライベート・コレクションとして知られています。特に印象派とポスト印象派の充実ぶりは素晴らしく、モネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホなど著名な作家の代表作がずらりと揃っています。今回は印象派を中心、コレクションから精選された64点の傑作の数々をご覧いただきますが、約半数が日本初公開です。

中でも4 メートルを超えるモネの《睡蓮》の大作は、今回初めてスイス以外で展示されます。この至上のコレクションは2020年にチューリヒ美術館の新館に移管されるため、日本でまとめてご覧いただけるのは今回が最後の機会になります。どうぞお見逃しなく。
会期

7月28日〜9月24日
開館時間9:30〜17:00
(金曜日は祝日である場合を除き〜20:00)

休み 月曜
料金(円)

1500
中学生以下無料

障碍者割引 身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ窓口等でお問い合わせください。
問合せ TEL: 052-212-0001
http://www.artmuseum.city.nagoya.jp/index.shtml


ページのトップへ

 

徳川美術館

催し

タイムスリップ1918 大正の名古屋
―米騒動絵巻に見る100年前のモダン都市―

内容

大正7年(1918)の名古屋で起きた米騒動の様子を、日本画家の桜井晴香が描いた米騒動絵巻には、当時の名古屋の街が生き生きと描かれています。この絵巻を通して、100年前の名古屋の街へといざないます。

会期 6月1日〜7月16日
開館時間10:00〜17:00
休み 月曜
料金(円)

1200
毎週土曜日は小・中・高生入館無料

障碍者割引

次の方は団体料金が適用になります。
障害者手帳を呈示した場合の本人と付き添い1名

問合せ TEL: 052-935-6262
http://www.tokugawa-art-useum.jp/index.html

ページのトップへ

愛知県陶磁美術館

催し

特別企画展 知られざる古代の名陶 猿投窯

内容

名古屋市の東方に広がる丘陵地帯に存在した猿投窯は、古代から中世にかけて千年近く操業した日本屈指の大窯業地です。須恵器・緑釉陶器・灰釉陶器等、多くの優品が焼かれ、全国各地に流通し、瀬戸焼・常滑焼の源流ともなった、陶磁史上欠くことのできない存在です。

 本展では、重要文化財、県・市指定文化財を始めとする優品や、遺跡から出土した豊富な重要資料を一堂に会し、猿投窯で生み出されたやきものの造形美と歴史的意義に迫ります。
会期

〜8月26日
開館時間9:30〜16:30

休み 月曜
料金(円) 900
中学生以下無料
障碍者割引 身体等に障がいのある方および付き添いの方には割引制度があります。
問合せ TEL: 0561-84-7474
http://www.pref.aichi.jp/touji/

ページのトップへ


松坂屋美術館

催し スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展
内容

スタジオジブリ作品には力強いメッセージが込められています。その作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を理解して、その本質を読み取り、「言葉」にして伝えてきたのがプロデューサーの鈴木敏夫です。

ジプリはどこから始まり、どこへ向かうのか。その秘密に迫ります。
会期

〜7月16日
開館時間10:00〜19:30

休み 会期中無休
料金(円)

1200
中学生以下 無料

障碍者割引 身体等に障がいのある方および付き添いの方1名は無料
問合せ TEL: 052-264-3611
http://www.matsuzakaya.co.jp/museum/museum.html


ページのトップへ


古川美術館

催し

風景の会 ?30年の歩み?

分館爲三郎記念館 特別企画 
第11回国際絞り会議 in Japan 名古屋会議
内容

風景の会は、《中部画壇に新風を》との思いで加藤金一郎が、会派を超えて上原欽二、平川敏夫らと創立したものです。その《風景の会》は2015年に設立30年を迎え、現在も自身の風景を求め向き合う作家たちが活躍しています。ここで30年の一つの節目とし、古川美術館を会場に、これまでの風景の会の歩みを振り返る展覧会を開催します。

会期 〜7月16日
開館時間10:00〜17:00
休み 月曜
料金(円) 1000
障碍者割引 身障者及び同伴者2名様まで半額です。
問合せ TEL: 052-763-1991
http://www.furukawa-museum.or.jp/index.html


ページのトップへ


名都美術館

催し

墨に五彩ありー水墨画の奥深さを見るー

内容

古来、「墨に五彩あり」と謳われたように、単に白と黒というモノクロームの世界に留まらず、みずみずしく発色する墨の美しさは、その奥深さゆえに多くの画家たちの心を捉えてきました。筆法や濃淡を駆使して描かれた水墨表現は、幽玄で格調高く、画家たちの崇高な精神が宿っています。近代の画家たちによって深められた独創的な水墨画の世界をお楽しみください。

会期

【前期】〜6月24日 【後期】6月26日〜7月22日

開館時間10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 600
障碍者割引 障がい者手帳お持ちの方は無料、付添の方1名様半額です。
問合せ TEL: 0561-62-8884
http://www.meito.hayatele.co.jp/


ページのトップへ

 

岡崎市美術博物館

催し

名刀は語る-美しき鑑賞の歴史

内容

国宝、重要文化財を含む平安時代から江戸時代の代表的な名工の刀剣、刀装具約100点を一堂に展示し、約1000年にわたる日本刀の歴史を通じて、日本人が培ってきた美意識や文化を紹介します。さらに徳川四天王の一人である本多忠勝愛用の名槍「大笹穂槍 銘 藤原正真(号 蜻蛉切)」の出品に合わせて、本多家の名宝と三河の刀工の名品をご覧いただきます。

会期 6月2日〜7月16日
開館時間 10:00〜17:00 (6月〜9月は 18:00閉館)
休み 月曜
料金(円)

入館料 1000円

障碍者割引 各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
問合せ TEL: 0564-28-5000
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
ページのトップへ

おかざき世界こども美術博物館

催し

通常の活動

内容

◎ふれあい広場:
「きのこ」がいっぱいの施設があり、「きのこ」や「木」などに入れるようになっています。
◎芸術の森(展望の丘、庭園:
  ふれあい広場の先には森が広がっていて、芸術の森という庭園があります。
◎子ども美術博物館:
 美術博物館(有料)は各種の展示をしていて、常設展としては世界の芸術家が子どものころに書いた絵などを集めたものなどを展示しています。
◎親子造形センター:

 

こちらは、親子で絵を描いたり、ものを作ったりして子どもの創造力を高めるという施設になっています。「絵画教室」「粘土教室」「工作教室」「EBアート教室」があって、100円から1000円で好きなものを作ることができます。

会期 通年
開館時間 9:00 〜 17:00
休み 月曜
料金(円) 300
障碍者割引 各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
問合せ TEL: 0564-28-5000
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
ページのトップへ

杉本美術館

催し

内容

一人ひとりの好みや価値観の違いはあっても、花を愛でて美しいと思う心は皆同じかと思います。花の絵は、それぞれの画風や好みなどが端的に現れるジャンルではないでしょうか。
杉本健吉も生涯にわたって、花を描いてきました。画家として円熟した時代には、画業を代表するジャンル「牡丹」を数多く描きました。
杉本健吉は画家であるとともに、図案家でした。花を図案化した作品も沢山あります。緞帳の図案、出版物の表紙絵、文学作品の挿絵、仏教を象徴する花として蓮を描いたものなど、様々なバリエーションがあります。

今回の展示は、生涯にわたって花を描いた作品の一部をご紹介します。くつろぎながら、杉本健吉の世界をお楽しみください
会期 〜9月18日
開館時間9:30〜16:30
休み 水曜
料金(円) 900
障碍者割引  
問合せ TEL: 0569-88-5171
http://www.sugimoto-museum.jp/


ページのトップへ


豊田市美術館

催し

ブリューゲル展
画家一族150年の系譜

内容

16,17世紀のヨーロッパにおいて最も影響力を持った画家一族の一つがブリューゲル一族。本展はブリューゲル一族4世代150年の系譜を辿りながら、風景画、風俗画、寓意画、花の生物画など、16,17世紀のフランドルが絵画の魅力に光を当てます。そのほとんどが日本初公開をなります。

会期 〜7月16日
開館時間 10:00〜17:30
休み 月曜
料金(円) 1500
中学生以下無料
障碍者割引 身体障がい者手帳をお持ちの方とその同伴者1名 常設展が無料
問合せ TEL: 0565-34-6610
http://www.museum.toyota.aichi.jp/home.php

 

ページのトップへ

岐阜県美術館

催し

さよなら、再会をこころに「岐阜県美術館 所蔵名品展」

内容

岐阜県美術館は2018年11月から改修工事のため約一年間休館します。この間、美術館の所蔵品も、一部の作品を除き展示をお休みします。このたびの所蔵名品展では、お休み前の見おさめとして、コレクションから選りすぐった作品、約130点をご覧にいれます。

 短いけれどもしばしのお別れです。またお目にかかる日まで、お気に入りの作品を目に焼き付けて、心のアルバムにおおさめください。
会期

7月10日〜8月26
開館時間10:00〜18:00

休み 月曜
料金(円)

500
高校生以下 無料

障碍者割引 身体障がい者手帳の交付を受けている方および その付き添いの方(1名まで)観覧料金免除
問合せ TEL: 058-271-1313
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s27213/jtop.html


ページのトップへ


メナード美術館

催し

え!からはじまる、ストーリー 
美術から物語へ、物語から美術へ
ふたつが出会った時、いったい何が生まれるのか…

内容

切っても切れない縁にある美術と物語。素晴らしい物語は、読めばその情景が鮮明に脳裏に浮かび、素晴らしい絵画は、画中で展開される物語を想像させます。
 画家たちもまた聖書やギリシア神話、オペラなどに触れ、浮かんだイメージを多くの絵画に残しており、文筆家たちはイメージを装幀そうていや挿画そうがはもちろん、情景描写など文学的表現そのものに活かそうとしました。

 互いの表現を求め合う美術と文学。本展は、このふたつの出会いによって生まれた新たな物語を当館のコレクションの「え(絵)」に探すものです。それは「え!」という驚きをともなうものかもしれません。
会期

7月3日〜9月24日
開館時間10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 900
障碍者割引 障害者手帳をお持ちの方と同行者1名は無料
問合せ TEL: 0568-75-5787
http://museum.menard.co.jp/


ページのトップへ

一宮市三岸節子  記念美術館

催し

開館20周年記念・作家活動20周年記念特別展
なかやみわ 絵本の世界展

内容

大人気シリーズ『そらまめくん』(小学館他)、『どんぐりむら』(学研プラス)などを生み出した絵本作家なかやみわさんの世界を紹介します。
 作家活動20周年をむかえたなかやみわさんの絵本は、やさしい色合いと個性豊かなキャラクター、そっとはげますような味わい深いストーリーで子どもから大人まで読む人の心をひきつけています。

 本展では、初期から最近までの貴重な原画とあわせて、絵本の構想段階でのスケッチや資料、さらに立体化したキャラクターも登場。魅力的なキャラクターたちが大活躍するなかやみわさんの絵本の世界をご家族、お友だちとどうぞお楽しみください。
会期

6月30日〜 8月19日
開館時間9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円)

入館料円 800円

一宮市内の小中学生および市内在住の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方 無料
障碍者割引 身体障害者手帳等を持参の方(付添人1人を含む)は無料
  一宮市内の小中学生および市内在住の満65歳以上で住所・年齢の確認できる公的機関発行の証明書等を提示された方 無料
問合せ TEL: 0586-63-2892
http://s-migishi.com/


ページのトップへ

 

三重県立美術館

催し

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

内容

フランスを代表するポスター作家であり日本にも多くのファンをもつレイモン・サヴィニャック(1907‐2002)のかつてない大規模個展が、この夏、三重にやって来ます。
本展では、その表現の秘密にせまるため、作品を年代順ではなく、「動物」、「子ども」、「働くヒト」といったモチーフや「指さすヒト」といった表現方法、「ビック」「自動車」といった製品ごとにセクションを設けて紹介します。

陽気で心躍るサヴィニャックの作品は、展覧会をおとずれる人にもきっと、ポスターの魔法をかけるでしょう。
会期

〜9月2日
開館時間 9:30〜17:00

休み 月曜
料金(円) 1000
高校生以下 無料
障碍者割引 身体障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料
問合せ TEL: 059-227-2100
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/index.shtm

 

ページのトップへ

刈谷市美術館

催し

トヨモーター展 メイド・イン・刈谷のオートバイ物語

内容

かつて美術館の近くにあったオートバイメーカー、トヨモータース。1949年から自転車に取り付ける補助エンジンを製造すると、瞬く間に全国に普及し、戦後復興期の庶民の足となりました。実用性を重視し、多様なモデルに発展した《トヨモーター》10年の軌跡を、貴重な実車、設計図、パンフレット、写真などで紹介。また、同時期に70余のメーカーが存在し、公道レースが行われた中京圏のオートバイ史も合わせて概観します。

会期

7月21日〜9月2日
開館時間 9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 無料
中学生以下 無料
障碍者割引 身体障害者・療育の各手帳所持者および付き添いの方(1名)は入場無料
問合せ TEL:0566-23-1636
http://www.city.kariya.lg.jp/museum/

 

ページのトップへ

 

高浜市やきものの里 かわら美術館

催し

PLAY vol.2 −全ては遊びである?何ひとつ遊びではない

内容

「PLAY=遊び」に焦点をあて「遊び心のある表現」「遊戯的な要素を持つ表現」をキーワードに、アーティストをはじめ様々な人々の表現を紹介する展覧会です。

本展を通して社会や日常の中の「遊び」を見つめ直し、その在り方や役割、重要性を改めて考える機会となれば幸いです。
会期

〜9月2日

開館時間 9:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 400
中学生以下 無料
障碍者割引 身体障害者手帳、をお持ちの方及びその介護者1名 通常観覧料の50パーセント(半額)
問合せ TEL:0566−52−3366
http://www.takahama-kawara-museum.com/


ページのトップへ

 

ヤマザキ・マザック 美術館

催し

尾州徳川の花相撲―帝もサムライも熱中! いとしの植物たち

内容

奈良・平安時代の宮中で行われた天覧相撲「相撲節会(すまひのせちえ)」では、東方力士が勝利すると朝日を受けて咲く葵(あおい)の花を、西方力士が勝つと夕日を受けて咲く夕顔(ひょうたん)の花を、それぞれの髪に差して退場。力士たちはそれらを褒美として受け取り、花を衣類や食料品に交換したと伝わり、花相撲の名の由来はこの時代にさかのぼります。 江戸時代になると「花相撲」は花の品評会をあらわす言葉となり、相撲の番付のように園芸品の番付が出され、大関から前頭までを東西に花を分け、葉や花弁の美しさ、珍奇さなどを競い合いました。そしてそれらの植物は、栽培方法などとともに「植物図譜」として描かれ、数多く出版されるなど、江戸時代の日本は、世界でも類を見ない独自で多様な園芸文化が花開きました。

会期

4月20日〜8月26日
開館時間  10:00〜17:00

休み 月曜
料金(円) 1000
障碍者割引 各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者は800円
問合せ TEL:052-937-3737
http://www.mazak-art.com/


ページのトップへ